引っ越し費用は予想以上にかかることが多い!失業給付も退職金も・・

予想もしない出来事をきっかけに借金をしてしまうことがあります。
それは、退職や転職などです。入社当時はずっとこの会社で仕事をしていこうと思っていても、さまざまな事情で退職をしなければいけないことがあります。転職活動を行っても、なかなか希望の仕事に就くには時間がかかったり、かなり難しい場合もあります。最初のうちは失業給付や退職金などで生活費をまかなえますが、それも時間の問題です。

結局、条件を妥協して転職せざるを得ない状況になってしまうこともあります。転職すると、仕事の条件は前よりも悪くなることもあります。特に収入面がダウンしてしまうケースが多いようです。経験はあっても扱いは新入社員と同様です。

その為、給与も一番低いところからスタートをせざるを得ません。何年か会社に居れば、徐々に給与が上がっていきますが、転職をしてしまうと元に戻ってしまいます。さらに新卒で入社した時よりも、条件が悪くなっている場合も少なくありません。また、転職をきっかけに引っ越しをする場合があります。

会社の転勤と違って、引っ越し費用はすべて自己負担です。引っ越し費用は予想以上にかかることが多く、これが経済的にかなり負担になってしまうことがあります。賃貸物件でも初期費用はかなり高いですし、家を購入したら住宅ローンがあります。住む場所を変えるだけでもかなりの費用がかかってしまい、結局借金をして工面するケースもかなり多いです。

転職までの生活費や、転職後でも生活費が足りなくて借金をしてしまうことがあります。新卒で入社してから、定年を迎えるまで無事に同じ会社に勤めていられるとは限りません。今は年功序列制度が崩壊してしまったので、仕事ができなくて万年ヒラ社員でも会社で生き残ることはできなくなってしまいました。

仕事が変わったり、住む場所が変わったりする時は特に予想外のお金がかかってしまいます。借金がかさんでいかないように、経済的に安定している時から、万が一のために貯蓄をしておくようにしたいものです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP